HEALTH

不正なインターネット販売にはご注意ください

Dr,PUR 製品は、対面販売による専門の知識を有するカウンセリング商品につき、 インターネット等による販売は一切おこなっておりません。お求めは、当ホームページ記載のライセンスサロン(正規取扱店)よりお求めください。
尚、不正販売のインターネット販売、又はオークションサイトでご購入された商品に つきまして生じた問題に関しましては、責任を負いかねる場合がございますのでご了承ください。

※模造品の可能性を含め、製造日、保管状況、品質の状態、正しい使用方法など多くの問題がございますので、ネットからのご購入は危険ですので、十分ご注意頂きますようお願い申し上げます。

BACK

天使の吐息

天使の吐息 名前は優しいが実はスゴイ使命をもっていた!

口臭、歯周病を撃退し、口腔内のの環境を整え、更に体内に吸収され全身の健康に寄与する口腔内サプリです。

1)口臭

誰にでもある臭いで、起床直後(起床時口臭)、空腹時(飢餓口臭)、緊張時(緊張時口臭)は特に口臭は強まります。これは唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)がたくさん作られるためです。しかし、歯磨きで細菌やVSCが減少し、食事をしたり、水分を積極的に補給するようにすることで唾液量が増加すれば急激に口臭は弱まります。
また女性の生理・妊娠時などホルモンバランス変化に伴う口臭、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、老齢期、それぞれ年代の固有の臭気(加齢臭)、民族的な口臭もあります。
他、鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因で口臭が起こる場合もありますが、病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯(う蝕)、歯垢(しこう)「歯の周りに付く細菌の固まり」、歯石、舌苔(ぜったい)「舌の表面に付くコケ状の細菌の固まり」、唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあげられます。

2)歯周病ケア 究極のエイジングケア

人生100年時代 健康で長生きする 健康寿命をのばすには、口の中の環境を整えることだった『歯周病』は、お口の中で唯一の生活習慣病であり、全身の健康と深く関わっています。

■30歳以上の成人の約80%がかかっていると言われる歯周病。

歯周病初期のサイン

  • 臭が気になりはじめた!
  • 朝起きたら口の中がネバネバする!
  • 歯磨き後、毛先に血がついたり、すすいだ水に血が混じることがある!

お口の中にはおよそ400~700種類の細菌が住んでいます。これらは普段あまり悪さをしませんが、歯磨きが充分でない、歯と歯肉の境目(歯肉溝)のお掃除が行き届かない、砂糖を過剰に摂取する等の理由から細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これを、歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強く、うがいをした程度では落ちません。歯垢1㎎中には約10億個の細菌が住みついていると言われ、虫歯や歯周病を引き起こします。細菌の感染により炎症を引き起こし、歯肉の辺縁が赤く腫れたりしますが、やがては歯の周りの歯茎(歯肉)や、歯を支える骨を溶けてしまいます。プラークをそのままにすると、硬くなり歯石と言われる物質に変わり、歯の表面に強固に付着します。この歯石の中や周囲に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けていきます。

日本人の3人に1人が口臭に悩みを抱えています。

  • 歯磨きをしても臭う!
  • ガムやタブレットも気休め程度!
  • 自分のマスクの臭いが気になる!
  • 人と近距離での会話が心配!
  • 自分では気がつかないが、指摘された!

マスク生活が当たり前になった今では、以前よりも口臭が気になる方が増えています!

■その場しのぎのオーラルケアとはサヨナラ!

口臭の主な原因は、口腔内の悪玉菌が作った悪臭物質が原因です。
  • 硫化水素(卵が腐ったような臭い)
  • メチルメルカプタン(タマネギの腐ったような臭い)
  • ジメチルサルフィアド(キャベツの腐ったような臭い)
マウスウォッシュ、消臭スプレー、殺菌剤歯磨き等は一時しのぎにしかならない!

一時的に口臭は抑制されますが、時間が経つとまた臭ってしまいます。これは、殺菌剤等で一時的に悪玉菌を抑えますが、実はこの時に口腔内の環境を整えてくれている善玉菌も殺菌剤で死滅してしまいます。善玉菌が少ない中、悪玉菌は時間と共に増えだして、元の環境に戻ってしまいます

■根本的な改善は、悪玉菌を減らしつつも、善玉菌を増やすこと!

自分の体内に存在する、CPL(環状重合乳酸)は、悪玉菌には強力な殺菌作用を施し、善玉菌に対しては反対に増殖を促します。

CPL : Cyclic Poly Lactate口臭予防にCPL 歯周病予防CPL

  • 製造メーカーのCPLは産学連携による開発原料です。
    協力機関:熊本県立大学、熊本大学

  • CPLは乳酸分子が直鎖状型と環状型に結合した混合物であり、生理活性を持つことで乳酸とは違った性質を持ち、直鎖型、環状型のそれぞの特性を生かした配合で処方しております。